ベートーヴェン:オラトリオ 信憑 オリーヴ山上のキリスト 1659円 ベートーヴェン:オラトリオ「オリーヴ山上のキリスト」 ミュージック クラシック オペラ・声楽 silversitters.com,/caupones57352.html,ミュージック , クラシック , オペラ・声楽,1659円,ベートーヴェン:オラトリオ「オリーヴ山上のキリスト」 silversitters.com,/caupones57352.html,ミュージック , クラシック , オペラ・声楽,1659円,ベートーヴェン:オラトリオ「オリーヴ山上のキリスト」 ベートーヴェン:オラトリオ 信憑 オリーヴ山上のキリスト 1659円 ベートーヴェン:オラトリオ「オリーヴ山上のキリスト」 ミュージック クラシック オペラ・声楽

ベートーヴェン:オラトリオ 信憑 ◆高品質 オリーヴ山上のキリスト

ベートーヴェン:オラトリオ「オリーヴ山上のキリスト」

1659円

ベートーヴェン:オラトリオ「オリーヴ山上のキリスト」

商品の説明

内容紹介


ニコラウス・アーノンクール@90メモリアル・リリース

■50年以上にわたる演奏活動で、つねに音楽の本質とは何かを探求し続けたニコラウス・アーノンクール。2016年に亡くなったものの、その業績は残された数多くの録音に結実しています。存命であれば90歳となることを記念し(誕生日は12月6日)、晩年の名演を2枚、「アーノンクール@90メモリアル・リリース」として日本でのみ単独で発売いたします。
■ベートーヴェンの唯一のオラトリオ、「オリーヴ山上のキリスト」は、1803年にわずか数週間で完成した作品で、オリーヴ山でイエス・キリストが立ち寄って祈りを捧げた場であり、捕えられる場面を描いています。独唱、合唱、管弦楽による作品で、3人の独唱はテノール(イエス)、ソプラノ(天使ゼーラフ)、バス(ペテロ)、合唱とオーケストラのために書かれた1時間ほどの作品です。録音もごく少ない秘曲ですが、アーノンクールがコンツェントゥス・ムジクスと初めて取り上げた(2001年)ベートーヴェン作品でもありました。このシュティリアルテ音楽祭はその6年後の再演で、自信に満ちたドラマティックなアプローチ知られざる作品の真価を伝えます。

高品質BSCD2でのリリース。単独での発売は日本のみ。

[収録曲]
ベートーヴェン
オラトリオ「オリーヴ山上のキリスト」 作品85

[演奏]
ローラ・アイキン(ソプラノ/天使)
ヘルベルト・リッペルト(テノール/イエス)
フローリアン・ベッシュ(バリトン/ペトロ)
アルノルト・シェーンベルク合唱団

[合唱指揮:エルヴィン・オルトナー]
ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
指揮:ニコラウス・アーノンクール

[録音]2007年7月7日amp;8日、オーストリア、シュタインツ教区教会でのライヴ(シュティリアルテ音楽祭)
[プロデューサー]フリーデマン・エンゲブブレヒト
[レコーディング・エンジニア]ミヒャエル・ブラマン

メディア掲載レビューほか

50年以上にわたる演奏活動で、つねに音楽の本質とは何かを探求し続けたニコラウス・アーノンクール。2016年に亡くなったものの、その業績は残された数多くの録音に結実しています。存命であれば90歳となることを記念し(誕生日は12月6日)、晩年の名演を2枚、『アーノンクール@90メモリアル・リリース』として日本でのみ単独で発売。ベートーヴェンの唯一のオラトリオ、「オリーヴ山上のキリスト」は、1803年にわずか数週間で完成した作品で、オリーヴ山でイエス・キリストが立ち寄って祈りを捧げた場であり、捕えられる場面を描いています。独唱、合唱、管弦楽による作品で、3人の独唱はテノール(イエス)、ソプラノ(天使ゼーラフ)、バス(ペテロ)、合唱とオーケストラのために書かれた1時間ほどの作品です。 (C)RS

ベートーヴェン:オラトリオ「オリーヴ山上のキリスト」

ニコラウス・アーノンクールの合唱作品には欠かすことのできないアルノルト・シェーンベルク合唱団の場面展開を見事に声で表現しており、この曲のイエス・キリストがオリーヴ山で捕らえられた一連の流れを実に劇的に表現しています。起承転結のあるストーリーを合唱がしっかりと表現しているのに感心しました。当方も若き日に、この『オリーヴ山上のキリスト』全曲をステージで歌ったので理解しているのですが、出番は少なくとも、合唱の出来が良くないと聴き通すことが困難になります。とてもよく鍛えられた素晴らしいメンバーで構成されていると思いました。バロックから古典派への移行期の作品で、メリスマの躍動感も心地よく響きます。全曲歌ったことがありますが、このようにじっくりと聴き通すことはあまりありません。オーケストラ、ソリスト、合唱団の粒が揃わないとかえって長時間の演奏を聴き通す時、苦痛に思いますが、このアルバムは全くそのことを微塵にも感じることなく、一級品の演奏でした。ベートーヴェンが思い描いた音楽を21世紀にしっかりと再現し、再構築しようとする学究的なアーノンクールの強い思いが全曲を覆っています。付点のリズムの厳しさと切れの良い演奏は現代的でありましたが、かつ1803年4月5日の初演当時の音楽様式はこのようであったかのような思いに浸れました。リーフレットに掲載してある「ベートーヴェン中期の傑作群の先駆けとなったオラトリオ(横原千史さんの記載)」でこの曲の成立や、音楽史での位置づけなどの詳細な解説を読むだけで、アーノンクールの知性と深い音楽解釈に感心することでしょう。それが如実に演奏に表れています。ソプラノのローラ・エイキンの歌唱は劇的でとても表情豊かで、「オラトリオ」の華やかさを前面に出した歌唱でした。個人的にはもう少しビブラートを押さえた方が音程を確かなものとして捉えてよかったのではないかと思いました。テノールのヘルベルト・リッペルトも実に輝かしい音色の歌唱を披露しています。イエスをテノールで表現する所が、ベートーヴェンの思うところなのでしょうが、聴き惚れました。バスのフローリアン・ベッシュもペテロを見事に演じています。深い音色ですし、前にでる発声は聴きやすいものでした。いつものように手兵のウイーン・コンツェルトゥス・ムジクスの統制のとれた演奏は安心して聴くことができます。2007年7月、オーストリアの聖カタリーナ教区教会でのライヴ録音ですが、傷もなく、ライヴの緊張感が演奏を際立てているようでした。
Sonyから2枚のアーノンクールの新譜が出た(もう1枚はバッハの宗教カンタータBWV26、BWV36、BWV140の3曲)。2016年3月5日の逝去以後、いくつかライブ録音のCDが発売されたが、生前のアーノンクール(または遺族)が許可していないものもあったようだ。Sonyの新譜2枚は当然、許可を受けたものである。またライブレコーディングのスタッフは、彼の録音プロジェクトに長年携わってきたミシェル・ブラマンたちで音質は上々である。録音は2007年7月(シュティリアルテ音楽祭)のライブであるので、2006年秋の来日公演、モーツアルトのレクイエムK. 626の”奇跡的”名演の翌年である。従来の”凄み”に加えて、ある意味で神々しさすら漂っていた時期である。(いずみホールでのレクイエム。演奏が終わって10秒以上?聴衆は感動のあまり拍手が出来なかった。これと同じ現象は2010年来日公演のBachのロ短調ミサBWV 232でも生じたらしい)。指揮者としての年輪を重ね、手兵:ウィーンコンツェントゥスムジクス(CMW)とアルノルト・シェーベルク合唱団(ASC)の練度も最高水準に達し、彼の意図を深く理解する粒選りの独唱者に恵まれたこの演奏は、アーノンクールの総決算というべき完成度を持っている。<隠れた傑作>IMSLPからスコアをダウンロードして聴いた。この曲には20世紀にも定評のある録音はあったのだが、アーノンクール盤の出現で「お役御免」になった。アナリーゼの深さ、音楽言語の多様さ、劇的表現の説得力が圧倒的である。オラトリオであるのでレチタティーヴォ・アッコンパニャートによって進んだストーリーは、これ以上無い自然さでアリア・重唱曲に流れ込む。入念に計算され尽くされているが自然でダイナミックさを失わないのは、まさにベートーベン中期の作品と言える。したがって指揮者と楽曲の相性はもともと抜群である。作品をゼロから見直し、微視的に解析し、もう一度統合する手並みの鮮やかさ、要素を有機的に繋げて巨大な構造物に組み上げる才能はアーノンクールならでは。<統一された美学>最初の一音から最後の一音までCMWの独特な響きが貫徹する。1953年の結成以来、アリス夫人、初期メンバーとともに創り上げた独自の音響は、若い世代に受け継がれ、最終的には古典派・ロマン派作品にも適用された。いわば「ハンディクラフト」の音響である。合唱指揮のエルビン・オルトナーはアーノンクールとの共演を一つの目的としてASCを組織したので、これもオーダーメイドである。独唱者を最終的に選んだのもアーノンクールのはずだ。結果、すべての瞬間が彼の美学で統一されており、こういう贅沢は帝王:カラヤンですら出来なかったはずだ。<国内盤のススメ>クラシックを聴くとき、作品・作曲家、演奏家についての勉強は欠かせない。英語・ドイツ語が得意でないなら、値段が安いことを理由に輸入盤を選ぶことはお勧めしない。この国内盤について言えば歌詞の対訳がある。そして横原千史氏の作品解説【ベートーベン中期の傑作群の先駆けとなったオラトリオ】、アンゼルム・ツィビンスキの【録音におけるアーノンクールの仕事術】(前半部分。後半は同時発売のバッハ:宗教カンタータのCDに掲載)と、演奏者理解、作品理解に役立つ高水準の文章が日本語で読める。こういう情報を知らずに聴くのは、教養・芸術鑑賞、質の高い音楽性活…の点でいかがなものだろうか?<感謝>この傑作が21世紀に至るまで見捨てられていたのは残念なことだと思う。しかし、古楽からスタートした過去に例の無いキャリアを歩んだ異能の巨匠、彼の最後のCDによって、忘れ去られていたベートーベンの傑作が21世紀において”発見”されたことを喜びたい。忘れられていたからこそ、アーノンクールの再演が衝撃的であり、彼のファンは熱狂できるのだ。生涯を通じてアーノンクールは、傑作の発掘とその理想的再演(死んだ作品の再生)を数多くやってきた。強い好奇心・探究心、そして強運によって奇跡のような、神秘的なまでの人生を歩んだ。そして1980年の初来日以来、ファンであり続けた私も、ずいぶんと刺激的、楽しく面白い体験が出来た。彼がいなければクラシック音楽を見捨てていただろう。アーノンクール夫妻に、こころよりの感謝を捧げます。  <もう一つ感謝>アーノンクールの追悼企画を真面目にやったのは、世界中でワーナーミュージック・ジャパンとSonyだけである。日本人として誇りに思うとともに、深く敬意を表します。

CRISPR-Cas9とは?原理をわかりやすく解説!

ゲノム編集ツールの中でも、世界中の研究室で使われているのがCRISPR-Cas9です。CRISPR-Cas9を活用することで、遺伝子研究はこれまで以上に加速して…

おすすめ抗体作製受託サービス!シグマ アルドリッチが徹底解説

カタログ品の抗体で思うように結果が出ないときや、そもそも希望する抗体がないとき、お困りではありませんか?その際、自らオリジナルの抗体作製を検討することもあるでし…

縮合剤選びのポイントを解説!アミド結合生成反応を学ぼう

ケミカルバイオロジー研究に欠かせないアミド結合 アミド結合は、ペプチドやタンパク質を始めとした生体分子の基礎となる他、医薬品や生理活性化合物にも頻出する重要な…

クロスカップリング反応の基礎

有機合成における重要な反応、クロスカップリング反応とは 有機合成化学において、炭素-炭素結合の生成は常に最重要なテーマです。ただし炭素と炭素を結合させるのは一…

定量NMR(qNMR)とは?

通常、有機物の純度はHPLCかGCで測定されますが、クロマトグラフィーを用いた純度は、検出したシグナルの面積値の割合に基づいており、この方法では、異なる物質は異…

<研究最前線>泊幸秀-古き良き生化学にこだわる姿勢

東京大学定量生命科学研究所教授の泊幸秀先生は、タンパク質に翻訳されないRNAである「ノンコーディングRNA(ncRNA)」に注目し、その機能や原理の解明に取り組…

<研究最前線>三浦正幸-細胞死を軸に広い視野で発生や成長をとらえる

東京大学大学院薬学系研究科教授の三浦正幸先生は、細胞死の研究を主軸としながら、発生や成長におけるサイズ制御や、再生における代謝制御、栄養と腸内細菌の関係など、多…

<研究最前線>塩見 美喜子-“動く遺伝子”から生殖細胞のゲノムを守る仕組みを解き明かしたい

東京大学大学院理学研究科教授の塩見美喜子先生は、生殖組織(卵巣・精巣)で特殊なDNA配列である「トランスポゾン」による遺伝子破壊からゲノムを守るための”品質管理…

<研究最前線>胡桃坂仁志-DNA収納様式から遺伝子発現制御を明らかにする

東京大学定量生命科学研究所教授の胡桃坂仁志先生は、DNAの核内収納様式である「クロマチン構造」に注目し、遺伝子発現を制御する仕組みを解明しようとしています。クロ…

<研究最前線>濡木理-生体分子の構造解析から昔願った生きがいを見出す

東京大学大学院理学系研究科教授の濡木理先生は、主に膜タンパク質や非翻訳RNA結合タンパク質を原子分解能レベルで観察し、その構造解析から生命現象を理解することを目…

<研究最前線>サリドマイド催奇性はどのようにして解明されたのか

サリドマイド催奇性、その原因を追う 1950年代後半に催眠鎮静薬としてドイツで開発され、かつて日本でも睡眠薬や胃腸薬として広く販売されたサリドマイド。妊婦のつ…

<インタビュー>日本の食の安全を守る 食品検査の現場で行われていること

第三者食品検査機関「マイコトキシン検査協会」とは 日本は今も、多くの食糧を輸入に頼っています。日々の食卓に欠かせない穀物や野菜はもちろん、ナッツやスパイスなど…

<研究最前線>検査効率の向上を実現!アフラトキシン分析に適した多機能固相カラムとは

大量の検体を短時間で検査 一般財団法人マイコトキシン検査協会では、厚生労働省の登録検査機関として、輸入食品の検査などが行われています。検査は研究のための実験と…

【初めての論文投稿⑧】オンライン投稿~準備から投稿完了まで~

オンライン投稿前に準備すべき7つのこと 論文の原稿が仕上がったら、あとは投稿するだけです。現在はオンライン投稿が主流で、雑誌や出版社のサイトには専用フォームが…

大腸菌におけるタンパク質発現とホスト選択 その種類と特徴

目的・課題に合わせたホスト選択 大腸菌の菌体内は動物細胞などと大きく環境が異なります。したがって、大腸菌でタンパク質を発現させる際には、正しくフォールディング…

【初めての論文投稿⑥】本文の書き方のポイント

英語で論文を書く作業は、慣れないうちはなかなかハードです。何から手を付ければいいのかわからず途方に暮れる人もいるかもしれません。しかし、論文の設計図である「アウ…

がん細胞の特性を知るための3D培養

3D培養でがん細胞の特性を知る 抗がん剤の開発では、これまで2D(二次元)の平面培養で成長させた細胞株を用いてさまざまな研究が行われてきました。しかし、2D培…

がん研究で3D培養を行うメリット

がん治療薬開発の課題 抗がん剤の開発候補品のうち、ヒトでの治療効果が認められるものはどのくらいあるのでしょうか。実は意外と少なく、研究者たちの悩みの種となって…

【初めての論文投稿⑤】伝わる図表の作り方

図表の質が論文掲載を左右する 図表は、論文において全体のメッセージを伝えるために欠かすことのできない要素のひとつです。単に実験データを示すだけのものではありま…

<研究最前線>サイの目のブレイクスルー

「存在」でなく「機能」 ―小松先生は「エンザイモミクス」という概念を提唱されていますが、これはどのようなものでしょうか。 生体内の分子を網羅的に調べる手法を…

TrueGel3Dによる3D培養 その概要と使用例

期待が高まる3D培養技術 従来の二次元的な細胞培養(2D)は、細胞が平面に増殖するため、生体内の立体的な環境とは異なる状態であるという課題がありました。一方、…

3次元細胞培養の強みとは(2次元細胞培養との比較)

2次元細胞培養と3次元細胞培養の比較 発生生物学、創薬、再生医学、タンパク質の生産などといった分野において、細胞培養技術は広く定着しています。細胞培養技術の導…

固相マイクロ抽出(SPME)法の理論と条件の最適化

シンプルで安価な抽出法「SPME」の特長 有機環境汚染物質や香料など、揮発性物質を分析するためには、分析対象物を何らかの方法で濃縮する必要があります。しかし、…

ACSクロマトグラフィー賞受賞!Janusz Pawliszyn博士インタビュー

科学界と産業界の連携がイノベーションを生み出す クロマトグラフィー分野で、新たな手法を開発した研究者に与えられるACSクロマトグラフィー賞。1970年から、メ…

Mirka 23-379-080 6-Inch No-Hole 80 Grit Adhesive Sanding Discs, 100-Pack

<研究者インタビュー>辻佳子―「やりたいこと」に向き合って生きる

「やりたいこと」に素直に生きる 東京大学環境安全研究センター長として、研究者の環境安全教育に取り組む辻佳子教授。兼担している工学系研究科化学システム工学専攻で…

定量的ウェスタンブロットにおけるローディングコントロールの選び方

定量的ウェスタンブロットとローディングコントロール ウェスタンブロッティングは、細胞または組織から抽出された複雑な混合物から特定のタンパク質を同定するために広…

<研究最前線>輝く分子で生命活動を探る

生命現象を「視える化」する ―まず、五稜化薬という会社について紹介いただけますでしょうか。 蛍光プローブの製造・販売を専門とするベンチャー企業で、2010年…

<研究者インタビュー>山口浩明―薬物動態を臨床の現場から研究する意味

様々なラボを渡り歩いて見つけた使命とは 東北大学病院副薬剤部長の山口浩明先生は、薬物動態のプロフェッショナルとして研究と臨床の両方をフィールドに活動されていま…

タンパク質精製処理の時間短縮!Amicon Pro精製システムのすべて

タンパク質の精製処理を1つのデバイスに集約 タンパク質の構造や機能を解析するためには、高純度で高活性のタンパク質を確実に回収することが重要です。そのためタンパ…

親水基の種類に注目!界面活性剤の3つの分類

界面活性剤の分類 疎水基と親水基による様々な組み合わせから、市販される界面活性剤には数多くの種類があります。しかし、その選択肢の多さから、どれを使ったらよいか…

必ず押さえておきたい!DNAを取り扱う際の注意点

DNAの化学的・物理的性質を知る ライフサイエンスの研究者にとっては、なじみの深いDNA。しかし、その機能や原理についてよく知っていても、実はDNAの化学的・…

ウェスタンブロッティングで失敗したら見直したい3つの条件

失敗の原因は検出反応にあるとは限らない ウェスタンブロッティングは、下図のように目的タンパク質の分離、転写、検出(抗原抗体)反応という複数の工程から成る複雑…

マイコプラズマ汚染検出方法、「直接培養法」と「DNA染色法」

細胞培養実験でのマイコプラズマ汚染試験の必要性 培養細胞の代表的汚染微生物として知られるマイコプラズマ。一般的には、しつこい咳と、頑固な発熱が特徴のマイコプラ…

すぐに役立つ!失敗例から学ぶウェスタンブロット

実験失敗の原因を知ろう ウェスタンブロットは、ライフサイエンス実験の基本的なテクニックですが、他の実験と同じく正確な結果を出すためにはある程度の慣れと経験が必…

PCRの結果を向上させる要素とは

PCRに影響を与える条件 PCRの結果は使用する機器や酵素によって大きく左右されますが、他にも様々な条件や試薬の違いに影響を受けます。この記事では、PCRの結…

PCR・RT-PCR用酵素の選び方

酵素の選択がPCRの結果を左右する より高効率で高精度のPCRを実現するため、また多様な用途に対応するため、これまでにいくつものPCR酵素やRT-PCR酵素が…

<研究最前線>HILICカラムがもたらすメタボロミクス多検体解析の革命

なぜZIC®-pHILICなのか 健康調査を通じてバイオバンクを構築、次世代型医療の創出を目指して様々な研究がされている東北大学東北メディカル・メガバンク機構…

<研究者インタビュー>山路剛史―失敗を恐れず自分のやりたいことをやる

生物学のフロンティアを目指して 2018年の2月に米国オハイオ州のシンシナティ・チルドレンズ・ホスピタル・メディカルセンターで自分のラボをスタートさせた山路剛…

<研究最前線>分子と生物の間のブラックボックスを解明!生殖細胞のRNAバイオロジー

フロンティアを目指して 今から15年前、修士の学生だった山路剛史先生は、この先、研究者として生きていく上でどの分野を選べばよいかを考えていました。まだ誰もあま…

効率アップ!マルチプレックスアッセイ、カスタマイズの成功事例

医薬品や農薬の開発過程で活躍するマルチプレックスアッセイ 少ないサンプル量と工数で、迅速に最大500種類ものバイオマーカーの測定ができるマルチプレックスアッセ…

マルチプレックスアッセイで、バイオマーカースクリーニング実験を効率的に

タンパク質バイオマーカーのイムノアッセイ マルチプレックスアッセイは、ひとつの生体サンプルから一度に多項目の情報を取得する実験手法の総称です。 タンパク質バ…

バッファー交換は限外ろ過で効率的に!

限外ろ過を用いたバッファー交換なら作業時間を短縮できる 「限外」とは、制限範囲の外、限度以上という意味を表します。英語では「ultra」。「過度の」「極度の」…

免疫組織化学、免疫細胞化学における抗原賦活化の手法

免疫組織化学/免疫細胞化学と抗原賦活化 特異的な抗体‐抗原相互作用を利用し、組織切片の細胞から抗原(例:タンパク質)を検出する工程を免疫組織化学(IHC)と呼…

経験者が伝授するポスドクの応募方法

納得のいくポスドク先を選ぶために 博士課程の次の進路として、ポスドクの道を考えている人は多いと思います。納得のいく研究室を選択するためには、早くから準備をして…

ヒトiPS細胞由来心筋細胞の創薬研究における有用性

iPS 再生医療だけではない。創薬研究にも有用。 ひとつの新しい薬を世に送り出すのは非常に困難なプロジェクト。創薬の過程に費やされる期間は一般的に10年以上か…

<インタビュー>牧田直大―京大発の技術でiPS細胞由来心筋細胞の社会実装を

iPS細胞由来心筋細胞の早期実用化を目指して 京都大学出身の牧田直大さん。学部時代の専攻は土木工学で、そのまま大学院の工学研究科に進みました。ところが、あるき…

<研究最前線>低コスト生産を可能にしたiPS細胞から作る心筋細胞の新技術とは

低コストで安全性の高い心筋細胞を作り出せる理由 iPS細胞の臨床応用が待ち望まれている臓器は無数にあり、心臓もそのひとつです。心臓病は世界的にも死因として大き…

不可逆的阻害剤と温度・pH変化による阻害

酵素活性を阻害する要因 酵素は触媒的な性質があり、反応への関与によって酵素自体が変化することなく、反応速度を加速します。酵素活性は多くの要因に依存しています。…

酵素阻害剤の分類と様々な可逆的阻害剤

酵素阻害剤の分類 酵素は触媒的な性質があり、反応への関与によって酵素自体が変化することなく、反応速度を加速します。酵素の反応触媒能は、様々な低分子(阻害剤)が…

メルクからアドバイス!トラブル発生時に見直すべき5つの実験環境

その実験トラブル、試薬でも装置でもなく環境が原因かも 研究者にとって、ある日突然、理由もわからず、今まで取れていたデータが取れなくなることほど恐ろしいことはあ…

<研究者インタビュー>渡辺亮 iPS細胞×シングルセル解析で見えたもの

iPS細胞は再生医療だけじゃない 研究者だけでなく一般の人々からも大きな期待が注がれている人工多能性幹細胞(iPS細胞)研究。その中核を担う「京都大学iPS細…

<研究最前線>シングルセル解析技術で解明される細胞の運命

「シングルセル」を解析すると何がわかるのか シングルセル解析技術は、複数の細胞集団の平均値を解析する従来の方法とは異なり、一細胞レベルでの遺伝子発現やそれを制…

基本を学ぶ。酵素と阻害剤の反応速度論

酵素阻害剤について理解するために 酵素阻害剤は酵素による生化学的な反応を阻害するため、研究や医療など様々な用途で活用されています。酵素阻害剤について理解し、利…

雑誌編集者の心を動かす!投稿論文のカバーレターの書き方

早く知っておくほど得をするカバーレターの書き方 来る日も来る日も実験をし続けて、ようやく論文を書けるデータが集まったのに、その喜びをかみしめる間もなく、今度は…

細胞継代の手順。細胞のタイプにあった方法を選択しよう

なぜ継代が必要なのか 細胞を同じ容器の中で培養し続けると、次第に培養密度が高くなり細胞の老化や細胞死を引き起こします。これを防ぐため、少量の細胞を別の容器に移…

血球計算盤を用いた生細胞数の数え方

染色によって細胞形態を可視化する トランスフェクションや細胞融合技術、凍結保存など、細胞培養操作の多くは、操作の前に細胞をカウントする必要があります。この記事…

環境分析で暮らしを守る、メンブレンフィルターの役割

環境分析が暮らしを守る 実験でなにかとお世話になるメンブレンフィルター。実は産業廃棄物処理の現場でも活躍しています。産業廃棄物を処理するとき、日本では「廃棄物…

【ブランドストーリー】創業350年のメルクの歴史、始まりは「天使薬局」

メルクってどんな会社? その軌跡 メルクは、ドイツのダルムシュタットに本拠地を置くサイエンスとテクノロジーの世界的企業です。1668年に誕生し、2018年の今…

自己紹介から始めよう!研究者のための英語コミュニケーション術と習得法

自己紹介するときに気をつけたいこと 今年こそ英語を何とかしたいと思っている人に向けて、海外で暮らしている研究者から様々なアドバイスをもらいました。英語のコミュ…

潜入!たよれるメルクのテクニカルサービスの秘密

メルクのテクニカルサービスはどんな質問も大歓迎 メルクのテクニカルサービスでは、製品情報や資料請求だけでなく、製品の使い方や実験のトラブルシューティングなど、…

抗体試薬を長持ちさせるコツ【保存と取り扱いのポイント】

正しい保存と取り扱いで長持ち 抗体の機能を維持し、寿命を長く保つためには、適切な保存や取り扱いが非常に重要です。適切に保存された抗体は、時間が経ってもほとんど…

ライフサイエンス研究者におすすめする8冊の本

研究の知識を深め世界を広げてくれる本 この記事では複数の研究者への取材をもとに、定番の専門書から研究室のトラブルを回避しモチベーションをアップさせる本まで、ラ…

実例を紹介!限外ろ過技術の活用方法

限外ろ過の様々な用途 限外ろ過は「濃縮」「脱塩・バッファー交換」「精製・分画」「除タンパク」など、ライフサイエンス研究における様々な用途に使うことができます。…

研究者に伝えたい、研究費獲得のために大切なこと

研究費を獲得するために大切なこと 研究を続けていくには、予算を獲得し途切れさせず運用しなくてはいけません。そのためには、若手のうちから将来のキャリアを見据えた…

RNAi実験の基礎 siRNAのトランスフェクションプロトコール

遺伝子ノックアウトとノックダウンの違い ゲノム編集で特定の遺伝子コードを変更する「ノックアウト」では、遺伝子の機能は完全に除去されます。一方、短い二本鎖RNA…

アガロースゲル電気泳動の原理と方法

アガロースゲル電気泳動の原理 アガロースは海藻から得られるポリサッカライド(多糖類)です。アガロースをバッファーに溶かして作成するアガロースゲルは比較的大きな…

pETシステムによるタンパク質発現系構築のポイント

pETシステム、タンパク質発現系構築の注意点 pETシステムは、大腸菌を用いた組換えタンパク質のクローニング・発現システムのひとつです。この記事では、pETシ…

部位特異的変異導入(クローニングの基礎と実験のコツ)

部位特異的変異導入とは 部位特異的変異導入(Site Directed Mutagenesis, SDM)はプラスミド内の特異的な部位に変異を導入するのに有用…

DNAフラグメントとプラスミドのライゲーション(クローニングの基礎と実験のコツ)

ライゲーションのコツ コントロール反応を用意する DNAリガーゼを使ってDNA断片同士をつなぐ反応をライゲーションと呼びます。この記事では末端処理したDNAフ…

DNA末端の処理方法(クローニングの基礎と実験のコツ)

クローニングとその基本的なフロー ライフサイエンスでは、特定の遺伝子を単離して増やす操作をクローニングと呼びます。この記事では、目的の遺伝子を挿入したベクター…