2015円,第3番,Symphony,de,National,Orchestre,No.3,|,/aoudad57319.html,:,|,:,|,レスピーギ,「ローマの松」,交響詩,ミヨー,silversitters.com,Roma,Brasil,ブラジルの哀愁,|,ブラームス,Pini,Sergiu,:,:,Respighi,交響曲,/,:,Saudades,l'ORTF),:,di,Celibidache,,do,Milhaud,(Brahms,ミュージック , クラシック , 交響曲・管弦楽曲・協奏曲 2015円,第3番,Symphony,de,National,Orchestre,No.3,|,/aoudad57319.html,:,|,:,|,レスピーギ,「ローマの松」,交響詩,ミヨー,silversitters.com,Roma,Brasil,ブラジルの哀愁,|,ブラームス,Pini,Sergiu,:,:,Respighi,交響曲,/,:,Saudades,l'ORTF),:,di,Celibidache,,do,Milhaud,(Brahms,ミュージック , クラシック , 交響曲・管弦楽曲・協奏曲 ブラームス : 交響曲 第3番 ミヨー ブラジルの哀愁 レスピーギ 交響詩 ローマの松 Brahms Symphony No.3 Milhaud Celibidache 購買 Brasil Pini di Saudades do Orchestre de l'ORTF Sergiu Roma Respighi National 2015円 ブラームス : 交響曲 第3番 | ミヨー : ブラジルの哀愁 | レスピーギ : 交響詩 「ローマの松」 (Brahms : Symphony No.3 | Milhaud : Saudades do Brasil | Respighi : Pini di Roma / Sergiu Celibidache, Orchestre National de l'ORTF) ミュージック クラシック 交響曲・管弦楽曲・協奏曲 2015円 ブラームス : 交響曲 第3番 | ミヨー : ブラジルの哀愁 | レスピーギ : 交響詩 「ローマの松」 (Brahms : Symphony No.3 | Milhaud : Saudades do Brasil | Respighi : Pini di Roma / Sergiu Celibidache, Orchestre National de l'ORTF) ミュージック クラシック 交響曲・管弦楽曲・協奏曲 ブラームス : 交響曲 第3番 ミヨー ブラジルの哀愁 レスピーギ 交響詩 ローマの松 Brahms Symphony No.3 Milhaud Celibidache 購買 Brasil Pini di Saudades do Orchestre de l'ORTF Sergiu Roma Respighi National

ブラームス : 交響曲 国産品 第3番 ミヨー ブラジルの哀愁 レスピーギ 交響詩 ローマの松 Brahms Symphony No.3 Milhaud Celibidache 購買 Brasil Pini di Saudades do Orchestre de l'ORTF Sergiu Roma Respighi National

ブラームス : 交響曲 第3番 | ミヨー : ブラジルの哀愁 | レスピーギ : 交響詩 「ローマの松」 (Brahms : Symphony No.3 | Milhaud : Saudades do Brasil | Respighi : Pini di Roma / Sergiu Celibidache, Orchestre National de l'ORTF)

2015円

ブラームス : 交響曲 第3番 | ミヨー : ブラジルの哀愁 | レスピーギ : 交響詩 「ローマの松」 (Brahms : Symphony No.3 | Milhaud : Saudades do Brasil | Respighi : Pini di Roma / Sergiu Celibidache, Orchestre National de l'ORTF)

商品の説明

[商品番号 : ALT-293] [Live] [STEREO] [32bit Digitally Remastered]

[収録曲]
1. ブラームス : 交響曲 第3番 ヘ長調 Op.90
2. ミヨー : ブラジルの哀愁 Op.67b
3. レスピーギ : 交響詩 「ローマの松」 P.141

セルジュ・チェリビダッケ (指揮)
フランス国立放送管弦楽団

フランス国立視聴覚研究所音源提供
録音 : 1974年2月15日 シャンゼリゼ劇場 ライヴ

ブラームス : 交響曲 第3番 | ミヨー : ブラジルの哀愁 | レスピーギ : 交響詩 「ローマの松」 (Brahms : Symphony No.3 | Milhaud : Saudades do Brasil | Respighi : Pini di Roma / Sergiu Celibidache, Orchestre National de l'ORTF)

「ローマの松」と云えばトスカニーニとのスタジオ録音とか1984年のカラヤンのベルリン・フィルとの大阪公演のDVDなどが印象に残っている。以前より評判は聞いていたこの演奏会の「ローマの松」のライブ演奏。第一曲「ボルゲーゼ荘の松」の弾けるような色彩感溢れる管の響きから途轍もない巨大な終曲「アッピア街道の松」まで指揮者の恐るべき集中力で聴く者を金縛りにする演奏。これほどの熱い演奏をCDより聴けるとは驚嘆した。チェリビダッケ指揮の1978年の読売日本交響楽団との二回目の演奏会は噂で聞いているのだが会場で聞いた皆さんはその時の「ローマの松」の演奏に関し口を揃えて「唯一無二」の体験と語られているがこのCDに納められているられているフランス国立放送管弦楽団の演奏はその時の演奏と比べどうなのかと聞いてみたい。「ホールでの実体験とCD体験では天と地ほどの差」、チェリビダッケは笑止千万と嘆くだろう。
これほど物語性のある《ローマの松》は、今まで聴いたことがない!キラキラとまばゆいばかりの「ボルゲーゼ荘の松」から一転、モノクロームな「カタコンベ付近の松」に暗転する見事さ!多くの指揮者がアタッカで繋げるところを、チェリビダッケときたらまるでブルックナーの全休符のような無音状態を作る。極彩色の世界から、一気に夜の世界へと聴き手を放り込む。地底から呻くような低音が、霧がかった静寂を支配する。そこへトランペットが神の啓示の如く鳴り響く。途端に、空気感が変化する。霧がうっすら晴れていく感覚だ。まさに音の色彩のマジックである。やがて上昇していく旋律は、荘厳そのものである。「ジャニコロの松」の神秘的な表情も美しい。ドビュッシーを思わせるような、夢想的な空気が支配する。殊に弦の透明感と、クラリネットのソロの上手さには思わず息を飲む。風のような揺らぎを感じさせる絶妙なアゴーギクは素晴らしい。何より、ナイチンゲールの囀りと、弦のヴィブラートの質感がピッタリ一致するのには脱帽である。ナイチンゲールの囀りをも、一つの楽器として作用させているのだ。そして、「アッピア街道の松」は圧倒の一言に尽きる。じわりじわりと歩を進めながら、巨大なクライマックスを形成する。しかも、そんな時にも細部へのこだわりを見せるのがチェリビダッケの流儀だ。大抵、金管が強奏する余り弦楽器その他が埋没することが多いが、この演奏では弦楽器が実によく鳴っている。4分03秒付近からの上昇音階の美しさは格別だ。驚愕すべきは、4分21〜22秒付近で一度スッとボリュームを引くことだ。刹那、僕は閃光とともに、何か途方もない世界を垣間見た。それは、天国なのか、それとも欲界なのか。許光俊氏は、それを、ブリューゲルの「バベルの塔」の得体のなさに喩えたが、言い得て妙である。そこから再度盛り上げる訳だが、現生界とは違う次元にまで聴き手を誘い、感情をいやが応にも刺激する。「ブラボー!」というよりも「ワオ!」という驚嘆に近いような拍手にも納得である。音質も、一部音揺れが認められるものの、年代離れした良い音質である。自信を持って推薦したい。

介護について知る

目的別に介護サービスを探す