665円 Tone Poems 2 ミュージック クラシック 交響曲・管弦楽曲・協奏曲 ミュージック , クラシック , 交響曲・管弦楽曲・協奏曲,/Metoac57444.html,silversitters.com,2,Poems,665円,Tone 物品 Tone Poems 2 物品 Tone Poems 2 ミュージック , クラシック , 交響曲・管弦楽曲・協奏曲,/Metoac57444.html,silversitters.com,2,Poems,665円,Tone 665円 Tone Poems 2 ミュージック クラシック 交響曲・管弦楽曲・協奏曲

物品 Tone 低価格 Poems 2

Tone Poems 2

665円

Tone Poems 2

Tone Poems 2

Baxian(バックスファン)の誰もがようやくヴぁーノン・ハンドリーによるBaxの管弦楽曲の集大成がはじまり、その全集の完成を夢見ていたその矢先になんと肝心の主役のハンドリーが急遽亡くなってしまった。誠に残念でならない。 亡くなった原因はベルリンでの演奏旅行での交通事故の後遺症などに起因しているらしい。プロムスで予定されていたバックスの公演もキャンセルになってしまい心配していたが悪い予感は案の定的中してしまった。 その事故のあった際にベルリンで演奏されたDeliusのオペラ「村のロメオとジュリエット」の演奏会版などはどこかで是非なんとかDVDにならないだろうかと思っている。 さてそんなことで突然の中断となってしまったBaxの管弦楽集の次の予定だがあまりにも偉大な存在だったハンドリーの後釜などそういるわけがない。Chandosも相当入れ込んでいたわけだからその落胆ぶりもうかがわれる。Vol,3に関しては代役を探しておりChandosは一応シリーズを様子を見ながら継続する予定だそうだが以前程の迫力は無いのはやむを得ない。人材がいないのであるから。ハンドリーだったらすぐにでも数枚分は優に録音出来たであろうに。誠に残念でならない。 第三弾に予定されていたアルバムは 【ヴィォラファンタジー】、音詩【クリスマス・イブ】などであるという。ハンドリーとBBCPhilの相性がとにかく最高でMadDash といわれた噴火する勢いで先般のBaxの交響曲全集を録音したハンドリー。 事故さえ無かったらと思うとかえすがえすも残念でたまらない。Baxを録音するために生まれてきたようなものだから、、。 今回のものも元気なハンドリーの解釈で聞いてみたかったものばかり。期せずして遺作録音となったこのアルバムだが解釈上の問題も提起している。 1つは解釈に関して、北方のバラードの3曲をハンドリーは交響曲仕立てを想定している。これはアイディアとしては面白いが、これについてBax研究家は異議を唱えている。異議を唱えているその研究家とはGParllet。彼の編曲したRedAutumn(紅の秋)が今回録音されている。この曲は最初はピアノ曲として書かれ、次いで二人で演奏するスタイルに変わった。長さもさほどでもなく陰気な雰囲気の曲で期待はしなくて聴いたが、これはまずまずという出来具合だった。ちなみにこの編曲担当家は何とBaxの未完成の曲を次々と再現していて、これまでも未完成オペラから〜On theSeaShore、Tamara組曲、などをChandosに発表している。2009年秋には未完のまま放置されていたピアノ小協奏曲を復活再現させて録音(英Somm盤) それはさておき、後の曲NympholeptはBax生誕100年祭でもハンドリーが演奏した曲で聴き物。すばらしいまとめ方だ。涙物の曲はハンドリー最後の演奏となったHappyForest(幸福の森)。先入観なしに聴いてもそういう気分は感じさせず楽しくすがすがしさにあふれた演奏。何となく精気が失われたように感じる部分もある為、5つ星に出来なかった。ハンドリーの冥福を祈るばかり。ハンドリーお別れの演奏となったアルバムとして心に残る。

Yahooブログからお引越ししてきました。

寅の発表会後、その書は「か・ば・や・き」 

昨年、中止だった夫の寅のバイオリンの発表会がありました。なにしろ、定年後に始めたバイオリンですから流れるようにとは参りませんが毎日の練習が、よく続いていて、それなりになんの曲なのか分かるほどになりました。今回の曲はシューベルトの「鱒」でした。開催できたものの、うちあげのパーティは引き続き中止。年代を超え、上手下手を忘れて皆さんとの交流も楽しみのひとつでしたが仕方ないです。今回は、身内だけでお疲れ様...

ささみ 10月の風になりました。

エピソード 1) イヤでしゅ!         どうしても苦手な踏切と線路踏切が見えると 頑なに嫌がって側から見ると、虐待か?と思われそうだった。いつもパパが抱っこして、一件落着するのでした。ーーーー ーーーー ーーーーエピソード 2) ささみのポジションどうしても?ここじゃないとダメですか?後に行きたい!!と騒ぐでもなく若き日のささみは助手席に座らせると落ち着かないようで自分の場所は自分が決める...

ボーソー日記 心惹かれる駅 月崎

彼岸花の盛りだった時の駅数日後に行ってみたら彼岸花は影も形もなかった。それでも、穏やかな気が流れているような心惹かれる無人駅に変わりなく。電車に乗ることがないので、駅名や路線は全くの無知。また、地名や駅名にふりがながないと読めないものが多い中すぐに覚えた「月崎駅」でした。台風で路線が寸断されていて勝浦市のバスが繋いでいるらしい。無人駅で、券売機もなく 切符はどうするのかと思ったらお迎えのパン屋さん...

ささみの睡眠導入剤騒動

愛犬ささみ(18歳9ヶ月)後足の脚力が衰え歩行困難になってきました。お散歩していると、時々 ぱたっと倒れて側から見ると、虐待か!みたいな顔して見られることもあるのですが本人、ケロッとしてまた、歩き出します。食欲もあり、元気なのですが人間と同じで痴呆の一種なのか就寝時間くらいから、真夜中まで びっくりするほどの声で夜泣き遠吠えが続いていて何回か、ご近所さんに「大変ですね〜」と言われるようになりました...

ボーソー日記 台風接近の朝のこと

気がついたら、1ヶ月もブログをUPしてなくて。皆様、お元気でお過ごしですか?頭は悪いけれど、視力はいいのが取り柄だったはずなのによる年には勝てず、スマホの文字を追うのは勿論でしたがPC画面の文字すら疲れちゃって💦💦なので、文字を拡大してないブログ記事が辛い。そんな、こんなで不義理をお許しください。オリンピックのサーフィン競技が終わって、台風の前の雨の朝。早朝に、サーファーのマリオ君が波を見に行くから一緒...